開発技術
制御技術課 副主任 / 2015年入社

木暮 紀宏Toshihiro Kogure

HOME>社員インタビュー>社員インタビュー3

製造業は自分にとっての天職

古川製作所には中途で入社しました。それまでも製造業を11年経験してきましたが、いわゆるメーカー勤めで、実際に部品を作ったり組み立てたりといったことはしてきませんでした。その後誘いを受けて一度金融関係の仕事に就きましたが、まったくの畑違いだったのでどうしてもしっくりきませんでした。そこで改めて自分は何をしたいのかと自問自答し、自分がやるべき仕事は製造業しかない、と強く確信を持つようになりました。次は実際に「つくる」製造業をやってみたいと考えていたので、設計から加工・組み立てまでを一貫してやっている会社を調べ、古川製作所にたどり着きました。

古川製作所にしかない魅力

他の企業を渡り歩いてきたからこそ言えることですが、古川製作所が持つ工場の広さや設備の充実は、競合他社と比べてもかなり優れていると思います。それだけでも入社して良かったと思えます。また多くの現場を経験できるので、知識や技術を高められる点も特長です。もちろん責任もありますが、自分の能力が正当に評価される体制ができているので、さらにスキルアップを目指そうと思える環境はとても新鮮でしたし、期待していた通りでした。コンスタントにある面談も、日々の仕事での良い点や改善点を話してもらえるので、しっかり評価してもらっているなと感じ、次への原動力になっています。

機械に命を吹き込む仕事

『機械は美しくなければならない』。配線の這わせ方やまとめ方、性能に特に影響がなく通常は見えなくなるようなところも、可能な限り綺麗に仕上がるように心がけています。以前、機械設計のプロである父から教えられた言葉でもありますが、「機能美という言葉もあるように、良いものは必ず良い見た目をしている。見た目でなにか違和感や不快感を感じる機械は、必ずなにかしら不具合が出る。」と口酸っぱく教えられてきました。美しくつくることは、配線時のミスを失くし、なにより気持ち良く作業ができる環境を生み出します。まだまだ未熟な点もありますが、この言葉を胸に刻み、日々仕事をしています。

開発技術 × 関連する仕事

01
お客さまとの
打ち合わせ
02
企画・検証
03
設計
04
デザイン
レビュー​
05
加工​
06
組み立て・
精度測定
07
システムアップ
08
ロボット
ティーチング​
09
調整・トライ​
10
現地立ち上げ